爆じゅう餃子 餃点(群馬県太田市) – これぞ本物の餃子とラーメン

この記事は、2017年11月30日に作成しました。記載の情報が古くなっている場合もありますので、ご注意いただけたらと思います。

爆じゅう餃子 餃点(群馬県太田市) - これぞ本物の餃子とラーメン

今回は、地元人気店「爆じゅう餃子 餃点」に突撃取材をさせていただきました!

日野原 勝好さん(現在70歳!) PROFILE
ミュージシャンとして活躍後、35歳で下積みなしのままラーメン屋をスタート。太田市を中心にラーメン屋を複数店展開し、ほとんどの店舗はお弟子さんに譲渡。現在は、9年前に運営を開始した「爆じゅう餃子 餃点」のみを経営。昼は「爆じゅう餃子 餃点」の店主として味の追求を続け、夜は「ぎょうてんバンド」のサックス奏者として素敵な音楽を奏でている。

ーまずはじめに、ユニークな店名ですが、どういった経緯で名付けられたんでしょうか?

もともとは餃子だけのお店でスタートしたんですよ。集客に困って、経験のあったラーメンを始めたんです。お店の名前は、息子が考えてくれました。旨味が溢れる感じが表現できていて、いいネーミングだと思っています。

ー餃子をつくるにあたってのこだわりを教えていただけますか?

どれだけ旨味を詰め込めるかに、すごくこだわっています。試行錯誤を重ねた結果、機械ではなく手巻き、調味料はほぼ使わないという結論に行き着きました。効率よく沢山つくるために、機械は色々なものを試しましたが、全然ダメで、もう懲りました。手作りにこだわり、調味料をほぼ使わず素材を追求することで、旨味たっぷりの餃子を提供できています。

素材を追求しているからこそ、爆じゅう餃子の餃子は、タレ無しでも美味しく食べられます。「これこそ本物の餃子です」と自信を持ってお出しできる餃子ですね。

ー ラーメンのこだわりもお聞きしても良いですか?

一番の人気メニューは味噌ラーメンですが、オススメは塩ラーメンです。餃子と同じように、調味料をほぼ使わず、材料を追求することによって、旨味たっぷり、濃厚でまろやかな味になっています。材料の詳細は秘密なので言えませんが、動物・節・魚介、3つのジャンルの素材を組み合わせて独自のスープをつくっています。トリプルスープと呼んでいます。

オススメの塩ラーメンは、具材別盛りでお出ししています。一緒に乗っけてお出しすると、スープの味が壊れてしまうんですよね。ぜひまず一口目には、濃厚で繊細なスープを楽しんでみて欲しいです。

爆じゅう餃子では、チャーシュー、卵、メンマ無しの塩ラーメンもご提供しています。スープと麺だけのすごくシンプルなラーメンです。実は、これが最も皆さんに食べて欲しいラーメンです。今は、安価でも美味しくないとインターネットでこっぴどく書かれる時代です。そんな時代に、このようなシンプルなラーメンを出すことは同業のラーメン屋さんでもなかなかできないんじゃないかなと思います。

爆じゅう餃子のこの最もシンプルな塩ラーメンは、そんな時代でも、堂々と食べてもらうことができる塩ラーメンです。

ー 餃子やラーメンは、どこかのお店で修行して学ばれたのですか?

基本的には全部独学で始めました。ミュージシャンからのいきなりのラーメン屋への転身です。

まだ歌のテレビ番組も多かった時代に色々な歌手の後ろで演奏していました。その時代は音楽で結構稼げたんですよ。けれども、どんどんカラオケというものが増えていき、生演奏の要望が減っていく中で、このままじゃ食べれなくなるかもと感じ出したのが30代の頃です。そんな中、友人がラーメン屋を手放すという話があったので、店舗を買い取らせてもらってラーメン屋をスタートしました。

もちろん初めてのことだったので、わからないことだらけでしたが、ミュージシャンになるために努力して、自分なりにある程度のところまで出来た経験があったから、新しいことでもそれほど恐れずにチャレンジできました。音楽と飲食はまったく違うものですが、自分のセンスを信じて頑張れば、未来の道が開けるという点では同じだと思っています。

ちなみに音楽は今も続けていますよ。次のライブは1月ですので、来てくださいね(笑)
餃子を食べながらジャズを楽しんでください。

ー 日頃、大変に感じる時ややりがいを感じる時はありますか?

大変に感じているのは、やっぱり、朝が早いことですね。
疲れちゃいます。

けれども、素材にこだわりたいから仕方ないですよ(笑)

やりがいを感じる時というか、嬉しい時は、「ありがとう」とか「美味しかった」って言ってもらえた時ですね。いくつになっても嬉しいもんですね。このためにやってるんだなぁって思います。

車で2,3時間かけて来てくれる方もいらっしゃいます。
「高速代の方が高いよ(笑)」なんて言ってもらえて、なんというか、嬉しくて、言葉に詰まります。

北の方から来られる方は、味噌ラーメンが好きな方が多く、埼玉や都内の方面から来られる方は塩ラーメンの方が人気とのこと。

ー 今後の目標を教えていただけますか?

餃子もラーメンも、もっと美味しくしていきます。旨味を追求していきます。納得してお出ししていますが、まだまだ美味しくできるという意味で、完成していないと思っています。

メニューを増やしたりとかはしません。あくまで、餃子とラーメンです。どんどん美味しくなる餃子とラーメンを皆さんに楽しんでもらいたいですね。

ー この記事を読んでいただいている方にメッセージをお願いします。

そうですね。まずはじめに、常連さんやよく来て頂いている方には、「ありがとうございます」しかないですね。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。まだ爆じゅう餃子に来たことがない方には、ぜひ一度来てみて欲しいです。

オススメは、塩ラーメンと餃子と半ライス。お仕事中の方のお昼なら餃子なしで、塩ラーメンと半ライス。一回、食べてみて欲しいですね。

(インタビュー:GRUPP 木村)

GRUPPで「爆じゅう餃子 餃点」の詳細をチェック


このページをシェアしよう!

LINEでお得な情報をゲット!
LINEでは、ご質問・ご相談も受付けています。GRUPPアカウントを友達に追加して、トークを開始してください!

友だち追加

LINEでお得な情報をゲット!QRコードを読み込んで登録してね!
LINEでは、ご質問・ご相談も受付けています。GRUPPアカウントを友達に追加して、トークを開始してください!

友だち追加